検索を閉じる

摂食嚥下障害Q&A監修:浜松市リハビリテーション病院 病院長 藤島一郎

症状・原因

不顕性誤嚥の対策について教えて下さい。Next

通常は誤嚥するとむせると考えますが、誤嚥してもむせなかったり呼吸苦が起こらないなど誤嚥の徴候が捉えられないこともあり、これを不顕性誤嚥といいます。健常者でも睡眠中に無自覚に唾液などを誤嚥しているとされています。

食べていなくても誤嚥性の肺炎になりますか?」参照

十分な口腔ケアはきわめて大切です。口の中の常在細菌量を減らすことにより、不顕性誤嚥による肺炎の発症を抑えることができます。

嚥下障害の原因となる薬剤(睡眠剤や鎮静剤など)を内服していれば、減量や中止を検討します。栄養状態や脱水の改善、日中の活動性を上げたり身体リハビリを積極的に行うなど、肺炎になりにくい体を普段から作っておくことも重要です。胃食道逆流による誤嚥が疑われるときは、食後2時間は横にならないようにしたり、就寝時に上半身を軽度挙上しておくと効果があります。肺炎球菌ワクチンやインフルエンザワクチンの実施は、肺炎の発症を抑えたり、肺炎が重症化するのを防ぐと言われています。誤嚥性肺炎の予防効果がある薬剤も検討します。

誤嚥性肺炎の予防に効果のある薬剤などはありますか?」参照

NEXT
嚥下障害の主な原因を教えてください。